抗がん剤の効果は腫瘍細胞を特異的に攻撃するものがメジャーに

抗がん剤の効果は腫瘍細胞を特異的に攻撃するものがメジャーに 抗がん剤、というのはがん患者の増え続ける社会において急ピッチで開発が進められている薬剤です。
かつては細胞分裂そのものを妨げることを主な作用機序としている薬剤が多く、この機序では腫瘍以外の細胞にも障害を来たしてしまう、という問題がありました。
分裂が盛んな毛根などに副作用が顕著に表れることが多く、これが抜け毛などの辛い症状に繋がっていたのです。
しかし、昨今は抗体医薬が発展し、腫瘍の表面に特異的に発現している分子を攻撃する、という風に抗がん剤の効果を調整するようになりました。
これにより、健常な組織が抗がん剤によって攻撃されることが少なくなったことで辛い副作用から解放される患者さんも少なくはなくなっています。
現在、消化管や肺などのがんに有効な抗体医薬が次々に開発されており、徐々に有効ながんが広がっています。
手術と併用することで残さずがんを叩ける、というメリットがある臨床の主体となっている治療法なのです。

がんで起こる炎症と腫瘍と抗がん剤の効果とは

がんで起こる炎症と腫瘍と抗がん剤の効果とは 人間の体は細胞でできており、その異常が出てしまうとその異常な細胞が増え続けてしまい、その異常な細胞が外に排出できずに悪性腫瘍になったり、他の臓器に転移していきます。
そんな細胞のことをがん細胞と言いますが、このがん細胞が増えるためには大量の栄養が必要となります。
栄養を賄うためには炎症性サイトカインという物質をッダシ、栄養豊富な血液を呼び込もうとします。
サイトカインとは炎症が体内で起こっているためのシグナルで、これを大量に放出することで血液を集めて増殖させるのです。
抗がん剤はそんながん細胞に対して効果のある薬です。
抗がん剤と一言で言ってもその種類はいろいろなものがあり、作用の仕方や作用する部位などが異なります。
基本的には体の中に入れることで全身に広がる可能性のあるがん細胞や転移する可能性があるものなどを治療してく効果があります。
治療方法は内服薬や直接投与する注射などがありますが、患者の状況などによって投与の仕方などは大きく違ってきます。

新着情報

◎2018/9/13

サイト公開しました

◎2018/7/24

サイト公開しました

◎2018/6/29

サイト公開しました

「癌 腫瘍」
に関連するツイート
Twitter

福島原発放射能:トモダチ作戦で米兵の被曝障害多発★翻訳 ☢USA NAVY Affected Fukushima Radiation ILL☢ youtu.be/EUTNVOA9hR4 EnglishTranscript 甲状­腺、白血病、脳腫瘍発症☠

Twitter⌡∅2☮UntiEarthUtdGovt@jonny_rayden

返信 リツイート 1分前

(カルシトニン) ①甲状腺C細胞から分泌されるペプチドホルモン ②細胞膜 ③甲状腺C細胞 ④甲状腺髄様で100%陽性。C細胞過形成の検索や異所性カルシトニン産生腫瘍の診断に有用。

返信先:@multitransplant ありがとうございます!pltは他の固形でも予後予測因子に使われたりするのですね!(◎_◎;)両群共にHBVが85%(笑)脾腫が約50%とは少ないですね。確かに脾腫があっても血小板高い人っていますが、あれはのためかもしれんということですね。腫瘍マーカとあわせて何か面白いindexが作れれば……。

RT @EARL_Med_Tw: 同一ドナー(腫瘍は検出されず)から臓器移植を受けた患者4例が移植後に類似したタイプの乳を発症.転移部位の腫瘍細胞からドナーのDNAを検出.4例中3例が死亡.ドナーは検出できないほど微小な細胞が全身転移していた可能性(Am J Transpl…

Twitter黒田法律事務所 弁護士黒田厚志@kurodalawoffice

返信 リツイート 14分前

Lynch症候群女性での予防的子宮摘出卵巣摘出予防治療ががんリスク減少に有効という報告ありスクリーニングにベセスダ基準があり合致したらMSIチェック推奨散発性腫瘍もMSIあるためMSI存在=Lynchでないから注意大腸>子宮内膜※そもそも頻度低い脂腺系腫瘍発症例では考慮

RT @gattyan0001: 堀江貴文もエイベックスもイルミナティー 無いはずのを探してカネを死ぬまでむしり取ります。 彼らが言うとは只の腫瘍でありおできと一緒、自己免疫力で治ります 食品添加物、酒、タバコを避けるだけでも免疫力は上がります https://t.co/…

FAPの死因の一等賞は大腸はまぁそりゃそうなんだけど二位はデスモイド腫瘍

【食道】消化器のうち、下咽頭から胃までの粘膜上皮に生じる悪性腫瘍。本邦の食道は扁平上皮が95%を占めるが、欧米は腺の割合が多数。食道は漿膜が存在せず、細胞が浸潤しやすい為、進行であるかは浸潤の深度で判別。早期では無症状、進行すると嚥下障害が出現する。

たいへん珍しいケースなんですが、虫垂にも腫瘍はできます。手術中の検査の結果ではお腹の中にが散らばっている可能性があります。

J am geriatr soc 1978; 26: 498-505, 1993; 41: 1187-92:高齢者FUO原因。高齢では膿瘍、IE、TB、血液悪性腫瘍、固形、GCAが多い。膠原病、原因不明、習慣性は減る。